最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2007年12月 | メイン | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

2/14 バレンタインデー特別企画・大学対抗「1日でいくつ温泉に入れるか?」大会!

『人間はいったい、1日にいくつ温泉に入れるか!』
そんなシンプルなテーマにチャレンジしてみませんか?
チャレンジのステージは、竹田市内の個性豊かな36の温泉♪
参加費無料で温泉に入りまくり!こんなうれしい企画は今までになかった!
温泉にドンドン入って、5万円の旅行券などの豪華賞品もゲットしちゃおう!
 ・
 ・
 ・
 って・・・ 今日締め切りじゃん?!(;^_^A アセアセ・・・
大学生の皆さん!今日中に申し込んで~~~!!!!!

と思いきや・・・申し込み締め切りが延長になりました。
2月7日(木)まで! どんどん申し込みお願いします。

詳しくはこちら

7aa56564jpeg



















2008年1月28日 (月)

カフェ、発見!

城下町に期間限定のカフェ、発見。

なんでも、「おはぎcafa」らしい。

魚町ともしゅうの隣にある別館。

竹ののれんがかかった町屋風のたたずまい。

おはぎの中のもち米は、特別な香り高いものを無農薬で栽培。

餡は時間をかけてじっくりと練り上げたものらしい。

セットの珈琲もまた格別な香りが、身も心も解きほぐしてくれそうです。

お抹茶のセットもあって、ゆっくりくつろげそうですよ。

おはぎはお持ち帰り可。

おみやげにもおすすめです。

                                 himiko

cafe0.jpg













cafe3.jpg













2008年1月24日 (木)

会議中

ただいま、タケタンの打ち合わせ会議中です。
どんなアイデアがでるのやら。 

編集長はじめ、WEB入力メンバーのみなさんがとてもやる気が出た(?) 会議となりました・・・
やっと初のメルマガが近日中に発行されそうな予感です♪←ほんと?
これからもっと面白くなっていくだろうことを期待しております!

2008年1月21日 (月)

クヌギ林の紅茶教室「バレンタインのお菓子」(ご案内)

クヌギ林の紅茶教室「バレンタインの紅茶教室」
お楽しみさまです!ハイジです。
今日は季節のお茶会のご案内。料理研究家・黒川貴美代さん(中津市在住)が、竹田の名水を使ってコーディネートする四季の紅茶・ワイン教室vol.3を、森の宿泊レストラン「サリモス」で1月30日に開きます。レストランを貸し切り、贅沢な空間と景色を眺めながら、「バレンタインに頂くヨーロッパのお菓子」をパーティー形式でお楽しみ頂きます。

9月の教室では、竹田の名水を生かした紅茶、サフランライスなどが登場。11月末は、「河野ちよみさんのバジルとホタテパイのサフラン黄金ソースがけ」、という地元の産品を活用した素敵なメニューでワインを楽しみました。今回は、一足早い”本場のバレンタイン”を、黒川先生の”おはなし”と共に、ゆっくり味わいに、いらして下さい。おいしいお話は尽きません!


日時:2008年1月30日(水)正午から午後3時半ごろまで
   正午~1時  サリモスランチ
   1時~3時半 お教室
場所:森の宿泊レストラン「サリモス」〒878-0573大分県竹田市中角998
   http://www.pref.oita.lg.jp/15130/green/noumin/taketa/055.html
内容:(1)順子さんの旬の野菜を使ったサリモスランチ
   体に優しいサリモスプレート(豆のクリームチーズ和え、かも味噌、
   小松菜のリンゴ   和え、梅干しの天ぷら、赤株の酢漬け、ポテトサラダ)
   とり鍋、おろしごはん
   (2)ヨーロッパの2月のお菓子と世界の紅茶紀行
料金:紅茶教室2500円、ランチ1000円
定員:先着12人
申し込み:平日午前9時から午後5時まで。
    サリモス=0974-67-2225、水曜日定休。
    ランチが不要な方は事前にお知らせ下さい。定員になり次第、締め切ります。


講師プロフィール:料理教室オウグテ主宰 黒川貴美代先生
中津市在住。田園風景の中に欧風の教室を構え、紅茶、菓子、各国伝統料理など、”お庭から食卓へ”を実現。アジア、ヨーロッパなど家庭料理、食文化のルーツを探求し、生きた”食”を伝える。栄養士、調理師、フードコーディネーター、ティーコーディネーター、おおいた食育コーディネーター。



▼前夜、1月29日午後7時からは、竹田市長湯温泉の大丸旅館で、
ドイツワインの歴史を学ぶ研究会の後、
先週日本に到着した「ドイツの新着直入ワイン」の試飲会もあります。
直入町は20年前から、国際温泉療養地を目指し、ドイツのバードクロツィンゲン市などと友好を深めています。
今回到着するワインの中には、現地にある直入町ラベルの「友情のワイン」も。
問い合わせは、(竹田市経済活性化促進協議会、佐藤知博さん=0974-62-2122)へ。

以上、ハイジからのおいしいご案内でした。


★写真は、クヌギ林の紅茶教室Vol.1 9月20日の模様。
テーマ「アラブの香りに触れて・・・タジンとモロッコミントティーを楽しむ会」
モロッコの土鍋タジンを使った「サフラン・ライス」とクスクス添え、オレンジのデザート、モロッコミントティーなどを
黒川先生が巡った、世界の茶畑の写真を見ながら、味わいました。
調香の勉強もされている黒川先生。クミン塩など、様々な香辛料も見て、触って、臭いをかいで・・・。
ローズウォーターの美しい香りに癒やされました。




 

2008年1月15日 (火)

豊後きのこカレー┌|∵|┘

昨年の毎日放送11月23日に放送された「ランキンの楽園」でギャル曽根ちゃんが
ご当地カレーを食べまくっておりました。
私も偶然そのテレビを見ていたのですよ!
「レトルトのカレーって言っても1000円以上の高級感漂うカレーが1位なるんだろうねぇー」
などと、のん気にテレビを見ておりましたら・・・

なんと!【豊後きのこカレー】が2位にランクイン!

思わず身をのりだしましたよ!きっと大分県民は、みんな身を乗り出したことと思います。
しか~し、【豊後きのこカレー】なんて食べたことないし!!
それ以前に売ってるのを見たことない!!!
でも、これはやはり1度は食べとかないと・・・(;^_^A アセアセ・・・
ってことでインターネットで注文いたしました。

当然のことながら、ものすごい問い合わせ数だったそうです。
テレビの威力って、ほんと・・・すごいですねぇー。
番組終了までの1時間で年間販売個数相当の3000個の注文があったそうです。

我が家にもやっと届きましたよぉ~(泣)
驚くことに干しシイタケが入っているんです。
ちっちゃな椎茸が4個入ってました。
美味しかったです(o^o^o) 

ランキンの楽園オフィシャルサイトはこちら

6cdf225ajpeg

















    このパッケージじゃ~、普通買わないよねぇ~(笑)↑

編集長お薦めの 風景その1

くじゅう高原あざみ台から見た2007年11月26日 午前11時の風景
福岡から帰る途中雲海が見事だったのであざみ台に車を止めて携帯で・・・
偶然こんな風景に出会える、そういう出会いを大事に携帯で撮って行こうと思います。

031ce332jpeg














神原渓谷大橋♪

綺麗ですよ(^∇^)



2008年1月12日 (土)

やっぱり長湯温泉は日本一の炭酸泉(-_★)キラーン!!

| ゜д゜|ノ 1っ!2っ!3っ!ダー!!

「みなさ~ん!温泉は好きですかぁ~?!」
「はぁーい、大好きです♪」

ということで・・・ 入浴剤と言えば、やっぱり『ツムラ』ですよね?
とっても良い商品ができました♪

その名も『奥豊後の湯 大分長湯』 1箱5袋入りで600円也

長湯温泉街の旅館・道の駅・水の駅・お土産品店で購入できます。
ちょっとしたおみやげにピッタリヽ(*^^*)ノ

長湯温泉に来れなかったあなたも自宅で炭酸泉が楽しめます。
炭酸泉サイコー!!


そうそう、長湯温泉といえば・・・ 【日本一の炭酸泉】復活宣言をしたのであります!

ちょっと長いけど、こっちも↓読んでやってください<(_ _)>

竹田市直入町の長湯温泉は、ずーっと【日本一の炭酸泉】と看板を掲げてきてたのに根拠があいまい...などと指摘されちゃったので、2007年5月から日本一と名乗るのを自粛しておりました(泣)

しか~し、納得いきませんよ!客観的にみてもやっぱり【日本一の炭酸泉】なんだもの!
そこで温泉関係者は黙っていなかった!

2007年6月に長湯温泉で開催された全国温泉サミットで、「炭酸泉日本一の定義」について出席者に問いかけました。そして、きちんとした根拠を示せるよう全国の炭酸泉を徹底的に調査したのでっす!

その結果はどうだったのでしょう?

炭酸濃度が高くても温度が低かったり、湧出量が少ない等々、デメリットがあるんですねぇ~。
温泉としては、長湯温泉がダントツで優れている事が判明しました!
そこで自信をもって、2008年1月7日から再び【日本一の炭酸泉】のキャッチフレーズを復活したのです。
(/^ー^)/"""パチパチ

これからは、温泉資源を守りながら世界に通用する温泉地を目指していきまっす!
...((((=・o・)ノ ゴーゴー♪

tumura02_390x293.jpg
















最近の写真

  • 20190731_06
  • 20190731_05
  • 20190731_03
  • 20190731_02
  • 20190731_01
  • 20190716_04
  • 20190716_03
  • 20190716_02
  • 20190716_01