最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 甘くてジューシー「とうもろこし」 | メイン | 工藤敬一写真展『追憶』を開催中! 市民ギャラリー水琴館 »

2008年7月30日 (水)

サンチアゴの鐘

Photo_2

歴史資料館のサンチアゴの鐘です。
展示ケースを修繕したのでくっきりと映えるようになりました\(^o^)/

1612年につくられ、長崎のサンチアゴ施療院(教会附属の診療所です)にあったとされるものです。
弾圧後に没収されたものを中川家がひきとったもののようです。日本に現存する南蛮鐘は数える程しかないので。。。

貴重な逸品です(・ω・)ノ

ちなみに、ガラスに映っているのは、大正時代に京都で活躍した竹田出身の南画家、田近竹邨(たぢかちくそん)さんの屏風です(8/21まで)。

今年の帰省は、サンチアゴの鐘を観にお立ち寄りください。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/330390/14794333

サンチアゴの鐘を参照しているブログ:

コメント

竹田のイメージを詩った「サンチャゴ鐘」作曲記念

♪~くり色の~髪に生まれて~故郷の~町はたそがれ~サンチャゴの~~サンチャゴの~鐘のある町~♪。~~~やすらげる歌ですよ~~

故郷は~ロマンの町~やすらげる町~潤える町希望の町。

1973年は~ベトナム戦争終結の年。
6月27日~ニユー竹田ホール「農協」で船村徹歓迎の夕べ。

コメントを投稿

最近の写真

  • 2_3
  • 1_3
  • 2
  • 3
  • 1
  • 2_2
  • 1_2
  • 2
  • 1
  • Photo_6
  • Photo_5
  • Photo_4