最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2008年7月 | メイン | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

「渡邊長男と朝倉文夫の彫刻」無事終了!

P1150168 P1150158

30日に開催した岡の里文人講座「渡邊長男と朝倉文夫の彫刻」(withアートミーツ@創生館)は夏休み最後の週末にも関わらず、20名程の参加者に来ていただき無事に終了しました!

たけたの街には、地元を代表する渡邊長男と朝倉文夫兄弟の彫刻があちこちにあります。まちのモニュメント、アート作品とも言える彫刻を知る、学ぶ講座として、大分大学准教授の田中修二先生にレクチャーいただきました。

明治・大正・昭和の彫刻史で、広瀬武夫銅像などの野外彫刻にたずさわった渡邊長男と、東洋のロダンと言われた朝倉文夫の業績を要点をおさえた説明をしていただきました。そして、彫刻の見方や大分での野外彫刻でのメンテナンスについても紹介いただくなど充実した2時間でした。

たけたは、歴史と文化の織りなす城下町だけでなく、文化と芸術が奏でるアートの町でもある、めずらしい町です。これからも歴史からアートまで各方面のご専門の方をお招きして、発信じゃない網の目のようにワを広げるレクチャーをしたいと思います。

まずは駅前の彫刻からかな。。。

2008年8月29日 (金)

竹田かぼす

竹田かぼす
かぼすの美味しい季節がやってきました(^-^)

素材の味をひきたてお料理の味を数段アップしてくれます。

露地物かぼすの出荷が始まり、たくさんのかぼすが市場に出回っているので簡単に手に入るのも嬉しいですね♪

くせが強くなく、何にでも合うので焼き魚はもちろんのことお漬け物、お味噌汁やお吸い物に数滴たらしたり、もう本当に何にかけても美味し〜い☆

先日、うちで「チキン南蛮」を作ったときの隠し味として、上からかぼすをちょろり。
さっぱりいただけました(*^_^*)

小さい頃風邪をひいたときに、かぼす丸1コの絞り汁をお湯で割ったものに、お砂糖かはちみつを入れたものをよく飲んでいました。
体が温まるんですp(^-^)q

Cサワーっていう飲み物もありますよね。

これから鍋物が美味しい季節にかけてかぼすは欠かせませんねっ( ´艸`)

焼酎好きさんには、ぜひかぼすを絞って飲んでみてほしい!!

ちなみに時期がくると黄色いかぼすを見かけるようになりますが、見てくれと違って果汁た〜っぷりですよ☆

竹田でとれた「かぼす」
たくさん味わってくださいね!

NAKASHIMA

2008年8月23日 (土)

デザイン

デザイン
デザイン
別府駅にあった大分遺産のタペストリースタイルの観光広告。

JR九州の特急デザインで有名な水戸岡さんのドーンデザインの作品。
竹田市は白水ダムと円形分水でした。

こんなしゃれたデザインのイメージ広告を依頼したいものですね。

2008年8月22日 (金)

ロングスティのご提案!「おとなの長旅・九州」

第3回おとなの長旅の受付が始まりました。

福岡・東京などで説明会が開催されました。

「おとなの長旅・九州」は、お好みの体験プログラムと宿泊施設を選び、1つの地域に4泊程度滞在して愉しむ旅です。

ちなみに竹田のプランは5泊6日で設定しており、今年は「プチ湯治」と「久住山で登山デビュー」の2つのプログラムをご用意してます。

今年の竹田のプラン説明はこちらをクリック!

http://www.nagatabi.jp/ ←おとなの長旅のHPはこちら!

ご希望の方には、パンフレットをお送りしますので、

竹田市観光ツーリズム協会までお問い合わせください。

TEL 0974-63-0585・FAX 0974-64-1127

↓福岡の説明会の様子です('ε')

Photo

2008年8月20日 (水)

市民ギャラリー水琴館で、写団「ちくでん」夏季写真展を開催中!

市民ギャラリー水琴館では、写団「ちくでん」夏季写真展を開催しています。

期間は8月31日(日曜日)までです。

竹田のアマチュア写真家集団である写団「ちくでん」。

メンバーは以下の17名。

阿南敦義、阿南徹治、安藤孝行、岩崎健重、岩崎和子、上島彬、

大塚重夫、工藤敬一、工藤重文、後藤武雄、後藤玉来、後藤東治、

佐藤忠士、馬場周俊、早島久吉、広田敦、眞井幸雄 (五十音順)。

今回は、竹田市内外の四季の彩りを写した風景写真など、

70点の作品を展示しています。

誰もが知っている美しい風景。

大自然がみせる色彩豊な情景や、笑顔に満ちた人々の営み。

そんな一瞬一瞬のいろんな表情を、

写団「ちくでん」のおじさん達がカメラにおさめました。

みなさまの御来館をお待ちしております。

まだ知らない美しい風景に出会えるかも。

写団「ちくでん」夏季写真展

期間:8月31日(日)まで

場所:市民ギャラリー水琴館  入場無料

開館時間:9時~17

休館日:8月25日(月曜日)

[お問い合わせ]

市民ギャラリー水琴館 0974632200

01 02 03

2008年8月12日 (火)

野いちごシャーベット

野いちごシャーベット
「道の駅竹田」にて、
野いちごシャーベットを食べてきました♪

写真じゃ分かりにくいかもしれませんが果肉とプチプチの種がそのまま入っています☆

甘酸っぱくて何とも懐かし〜味に感激(≧ω≦)b

ちっちゃい頃に山で見つけて食べたのがそのまんま冷たくなったと言えば味が想像できるでしょうか?

カップに入って300円なり(^-^)

8月末までの限定ですので、是非お試し下さいヾ(^∀^)ノ

NAKASHIMA

2008年8月11日 (月)

インターン

インターン
インターン
竹田市に大学生の体験調査員インターンが二週間滞在してリサーチしてくださいました。

その発表会に参加しました。
写真はデザイン専攻のインターン生がデザインしてくださった荻のトマトジュースのラベル提案です。

最近の大学生はさまざまなプログラムを学んでいるので、新鮮なアイデアをうまくプレゼンしてくれるので、いい勉強になります。

2008年8月 7日 (木)

岡の里文人講座「渡邊長男と朝倉文夫の彫刻」

岡の里実行委員会では、20周年記念として岡の里文人講座「渡邊長男と朝倉文夫の彫刻」を開催します。岡の里文人講座は、竹田市ゆかりの先哲の掘り起こしを目的とする講座です。

今回の文人講座では、竹田市内にも多くの作品を残し、竹田にゆかりのある彫刻家兄弟こと、渡邊長男と朝倉文夫を取り上げます。

兄の渡邊長男は広瀬神社下に復元されている広瀬武夫像や十六羅漢下の子安観音像、今はありませんが東京の広瀬武夫像、京都三条大橋に復元されている髙山彦九郎像など数多くの作品を残した彫刻家です。
そして、弟の朝倉文夫は豊後大野市朝地町の朝倉文夫記念館、東京の朝倉彫塑館の作品をはじめ、岡城の瀧廉太郎像や市役所前の「翼に続け」など市内にも数多くの作品が残る著名な彫刻家です。

講師には、このお二人を含めて日本の明治・大正・昭和の彫刻・彫塑がご専門の大分大学准教授の田中修二先生をお招きいたします。合わせて大分市で行われている野外彫刻メンテナンスのお話もしていただく予定です。

日時は、8月30日土曜日 14時から。竹田文化会館大会議室です。内容は下のポスターの通りです。

ぜひ、ふるってご参加下さい。(・ω・)ノ

Photo

2008年8月 6日 (水)

とり天丼

とり天丼
岡城会館のリーズナブルな昼食をいただきました。

ソースかつ丼の要領でサクサクとり天がのった、とり天丼は500円。

丸福スタイルとは別の、サクサク型のとり天が山盛りでgoodです。

500円メニューが充実の岡城会館にお立ち寄りください。

2008年8月 5日 (火)

おおいた国体おもてなしの一環?

今日は、ひさびさに城下町中を通りました。

あれ?なんか違うぞ?

3時過ぎだったので大分銀行のシャッターが閉まっていました。

そこには、「岡城阯」と美しい水の流れを描いた「白水ダム」の絵が\(◎o◎)/!

いつからですかねぇ~、知りませんでした。

でも、なかなか良いですね♪

('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン これは良いと思います。

02_640x480

03_640x480

最近の写真

  • S__5423112
  • S__5423111
  • S__5423110
  • S__5423109
  • S__5423107
  • 13
  • 11
  • 10
  • 09
  • 08
  • 07
  • 06