最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2009年7月 | メイン | 2009年9月 »

2009年8月 5日 (水)

ETCドライブキャンペーン・プレゼント当選者決定!

4/29~6/28間の土日祝日に開催いたしました『ETCドライブキャンペーン』のプレゼント抽選を実施いたしました!

めでたくペア宿泊券が当選した方からは、早速お礼のお手紙をいただき、また竹田へお越しいただける日を心待ちにしております。

その他、竹田の銘菓やペアお食事券・特選品等が当選された方には、順次発送させていただいておりますので、楽しみにお待ちください。たくさんのご応募ありがとうございました♪

ただいま開催中のソフトクリームキャンペーンにも奮ってご応募ください!

Etc2

2009年8月 4日 (火)

円通閣でアートギャラリー!

田能村竹田ゆかりの「円通閣」が観音寺さんの協賛で、期間限定のアートギャラリーになります!!

7月25日、26日に開催した墨とアートのワークショップ「テラマチ画学校」の作品を展示する「テラマチ画学校みんなでアート展覧会」を円通閣で開催します!!
会期は、8月8日(土)、9日(日)の2日間、10時〜15時です。入場は無料です。
第2土曜日恒例の円通閣の一般公開とコラボレーションして竹田のこども・おとなアーティストが墨と絵の具で腕を振るった作品の数々が円通閣に展示されます。
城下町竹田を一望する「違いのわかる」眺望と、アートと歴史の出会う「不思議な空間」をぜひごらん下さい。
Photo
もちろん、寺町界隈のテラマチミュージアムも作品が100点以上になり、ますます増殖中です。
夏のひととき、アートと歴史の出会う静かな城下町を散策しませんか?

JR豊後竹田駅の売店の話

先日お知らせしましたJR豊後竹田駅構内、観光案内所隣接の売店が無事に稼動しております。

新聞・お菓子・竹田(大分)っぽい飲み物・地元の手作りまんじゅう・竹田の銘菓「荒城の月&三笠野」など取り扱っています。営業時間は、8:30~17:00までです。もっと早い時間から開けられると良いのですが、観光案内所が開いてる時間しか営業できませんので、ご了承ください。継続できますように皆さんの売上協力をお願い申し上げます。たくさん売れれば取扱品数も増やせるかも♪です。

そのうちにタバコも取り扱える様になるそうです。

03_400x300

01

02_400x300

親子ふれあいトウモロコシ狩りツアー開催!!

先日8月1日(土)に竹田市菅生(すごう)の卯野農場でトウモロコシ狩りが行われましたhappy01

菅生で取れるトウモロコシと言えば甘味種である「スイートコーン」なのです!あと…狩りと言うと取って食べておいしかったで終わるので、収穫体験と呼べるようにスイートコーンの収穫までの流れや、農家の想いを勉強して帰っていただけるように、竹田市観光ツーリズム協会では企画しています。

ですから正しくは「竹田菅生のあまーいスイートコーン収穫体験」が正式名称なのです!諸事情で変更せざるを……think

 

それはさておきJRを利用して来ていただいたお客様は総勢27名。家族親子の方もいれば、東京から夏休みを利用して一人で遊びに来ているお孫さんと一緒に参加したおばあちゃんもいましたscissors

 

当日は曇り空で何とか天気はもっていましたが、先日の雨で畑はぬかるんだ状態になっており、卯野農場の卯野さんは危ないからちょっと体験させられんかもと!?とりあえず現地畑まで行ってみることになりましたsweat02


途中途中でいろんなお話があり卯野さんのお父さんが菅生に入植した経緯、昔はなかった畑を荒らすイノシシ被害の話や、お父さんの言いつけを守りできるだけ無農薬で安心安全なものを作っていること。

菅生をはじめ卯野農場のことや農家の取り組みをたくさんの方に知ってもらいたいということで、経営が難しい観光農園を始めた事など、苦労・やりがいをたくさん教えてもらい、お客さんもそうですが私自身勉強になりましたweepup

Dsc01061 Dsc01062

 

収穫体験も畑の奥まではぬかるんで行けなかったのですが外縁でスイートコーンを収穫することができ、卯野さんがなんと「一本目は生で食べてみて」というのです。お客様もびっくりで茹でるか焼くかでしか食べてみたことがないとのこと。実際食べてみると果物のように甘く、こんなに美味しいなんてと皆さんびっくりしていましたsign01happy02

あと食べ物が少なかった昔はスイートコーンの茎も皮をむいてがりがりかんで食べていたそうで、食べさせてもらった小学生は「茎も甘いっ!!」と喜んでいましたsign03

Dsc01063  Dsc01064

 

その後畑近くのクヌギ林でクワガタ探しもできて、貴重なミヤマクワガタカブトムシが取れ、予想外のお土産に子供たちは全員大喜びですlovely

 

農場に戻った後も選別現場を見学し、また茹でたスイートコーンも御馳走になって、いろいろな意味でお腹いっぱいでした。

 

スケジュール調整など、反省点はありましたがお客様に喜んでいただけたのではないかと思っています。

卯野さん、来ていただいたお客様お疲れ様でした。                 本田

2009年8月 2日 (日)

九州国立博物館の阿修羅展に行ってきました!

8/2(日)にETC割引を利用して太宰府の九州国立博物館まで行ってきました。先日の豪雨で福岡‐太宰府インターチェンジ(IC)間通行止めの影響か、日曜にしては人が少なかったのではないかと思います。まずは太宰府についてから駐車場が使えないことはわかっていたので迷わず太宰府天満宮の駐車場に向かいました。九州国立博物館に近づくと交通整理の人が太宰府天満宮に誘導してたので、どっちにしろ太宰府天満宮行きになります(汗)

太宰府天満宮の周りにも民間の有料駐車場が色々とある様なので、そちらに止めた方が安上がりかもしれません。そこから覚悟を決めて歩きましょう!参道を歩いて行くので、そんなに遠くは感じません。(時間は10分くらいでしょうか)

05
↑九州国立博物館へは写真の鳥居の手前を右折です

03
↑すると右手の高台に青い屋根が見えてきます。
写真では色が出てませんが青い屋根です。

04
↑階段の右手に座れるエレベーター的なものがありますが、
2~3人しか乗れないし、動きが遅いので皆さん階段を上がって、
頑張って自力で登りましょう。

02
↑そして、60分待ちと言われましたが、どうだろう?
30分くらいしか待たなかった気がします。

01
↑出た!国宝 阿修羅展の大きな看板!この前で記念撮影したかったけど、人が多くて撮影どころではありません!写真をあきらめ、いよいよ阿修羅に会いますよぉ♪せっかくなので500円で音声ガイドを借りました。当然、1人1個なので家族で借りたら馬鹿にできませんね(汗) ナレーションは黒木瞳さんです。しっとりと穏やかな気持ちで説明を聞くことができます。事前に販売していたファンクラブ専用の入場券を持ってる方は、阿修羅のピンバッチがもらえて音声ガイドに“みうらじゅん”さんが登場すると聞いていたのですが、残念ながらチケットを入手することができませんでした。(ションボリ...)

Picture11_2

↑阿修羅像の周りは人だかりが出来ていて全然動きません。係りの人が「ヨイショ!」と掛け声をかけ1歩ずつ横に動いてもらっていました。その掛け声が...興ざめです(汗)
足元は見えませんでしたが、人だかりの周りをじっくり2周しました。やっぱりオーラが違う!と思いました。じーっと見つめてしまいます。なんだろう?ずっと見つめていたい気持ちになります。
もちろん中では撮影禁止ですから、このお写真は九州国立博物館から提供いただきました。

Picture20
↑持国天立像も感動しました。存在感あります!とにかくスゴイ!の一言。

Picture22
↑釈迦如来像頭部もスゴイです。(スゴイばっかりですいません)

07
↑おみやげは気に入ったのがあまりなくて、自分用にクリアーファイル2種類と一筆箋を1階の売店で購入しました。あまり種類は多くないです。阿修羅像の小さ~いフィギュアとかあるのかと思ってましたが、そういった物もなく残念。阿修羅饅頭とかあったら買うのにね(笑)

06
↑帰りは当然、太宰府天満宮にお参りして帰りました♪達成感のある1日でした。

最近の写真

  • S__5423112
  • S__5423111
  • S__5423110
  • S__5423109
  • S__5423107
  • 13
  • 11
  • 10
  • 09
  • 08
  • 07
  • 06