最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2010年5月 | メイン | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

東京都・中延商店街のアンテナショップ!

メルマガ読者『山ちゃん』さんより、メール投稿が届きました♪
↓↓↓
こんにちは。
東京都は中延の商店街にある、竹田のアンテナショップに行ってきました。最近は東京の由緒ある商店街もシャッター街となっているのが現状ですが、歩いてみると庶民的な昔の店があり時間があれば、ゆっくりしたい場所です。
竹田のショップは「街のコンソルジェ」の事務所の隣にあり、奥はつきぬけ、コンソルジェの方が経営されているようです。
よく竹田高校のOBが訪ねてくるそうです。
1月にオープンしたばかりなのでこれから充実していくのかな? こんな印象でした…また、ときどき顔を出したいと思っています。

                   山ちゃん

【お問合せ】
街コン・マルシェ TEL 03-3782-8802
東京都品川区東中延2-6-19

竹田市アンテナショップ・外観↓
7_2

ショップ店内↓
3

左側、店長の杉井さんと

バリアフリー協会理事長の沢田さん↓
2_2

2010年6月28日 (月)

手織り工房ぱたんこ屋の1日はた織り体験★

手織り工房ぱたんこ屋さんが、9月に
『はた織り教室』をオープン予定!

それにさきがけ、1日はた織り体験を開催します♪

世界に一枚しかない、自分だけの織物を
作ってみませんか?
Img_0920_1

場所…旧 宮砥(みやど)小学校・2階
(竹田市玉来地区から車で約15分)

日程…7/22(木)・8/5(木)・8/8(日)・8/12(木)
   8/19(木)・8/26(木)・8/29(日)のいずれか1日

時間… 9:00~10:30
   10:30~12:00
   13:30~15:00
   13:00~16:30の中からお選びください。

材料費…¥1,000(花びん敷きを織ります)

※要予約制となります。
下記までお問い合わせをお願いいたします。

[[お問い合わせ先]]
手織り工房 ぱたんこ屋 (高木)
TEL/FAX 0974-67-2900

クローネカフェのWe Burger!

竹田市竹田町のKRONE CAFE(クローネカフェ)の中で
美味しいハンバーガーが食べられる!と情報をいただき
行ってまいりました(^Q^)v

その名もWe Burger(ウィーバーガー)。
マヨネーズ味と、サルサソース味があります。

辛いモノ好きとしては!と思い、サルサソース味を注文。

「ちょっと時間かかりますけど…」と言われ、
しばし待つこと10分ほど。

こんな感じで出てきました!ドリンクは水出しアイス珈琲です。
Imgp1464_1
手作り胚芽パンをサックリ焼いたバンズに、
玉子と手作りハンバーグ。シャキシャキ新鮮レタスの具材の上から
特製サルサソースがたっぷり!
Imgp1465_1

食べてみると、サルサの心地いい辛さが口の中に広がります。
ハンバーグもジューシー。旨さに黙々と…あっという間に

食べてしまいました(笑)
バンズが私の中で大ヒット!こんなサクサクなのは

他にないです。美味しくいただきました~(^人^)

気になるWe Burgerのお値段はワンドリンク付で¥500~。

(単品¥400)
※ドリンクによってお値段が変わります。

ワンコインでお腹もココロも大満足!
ケーキ屋さん併設のカフェなので、選べるケーキセットも絶品♪
寡黙で素敵な店長さんがお待ちしております。

KRONE CAFE(クローネカフェ)
[住所]大分県竹田市竹田町458番地-2
[電話] 0974-64-0256
[駐車場] 2台
[営業時間] 10:00~19:30
[定休日] 木曜
[アクセス] JR:豊肥本線 豊後竹田 から 徒歩10分

2010/7/18 ショパンの夕べ ~カン・ヘスク ピアノコンサート By Cafe' SlowBeat

■ショパンの夕べ~カン・ヘスク ピアノコンサート

2010/7/18(日) 19:00開演
予約・前売 お一人2000円/ペア3000円 珈琲付
(当日2500/4000)

今回のコンサートのプロデュースは当店ではなく、ドイツから来られて、ここ竹田にお住まいの、日本と東洋の文化をこよなく愛し自らも弓道をやられている、若きジャーマニーの方です。
でもせっかく知り合ったばかりで彼は8月にここ竹田での仕事の任期が終わり、この地を去ることになりそうです。その最後に、母国ドイツで知り合った、今は遠く離れている最愛の彼女へのプレゼントとして今回のコンサートを企画され、その場として当店を選んで頂きました。
提案されたプログラムを見て驚きました。 私の大好きなショパンの中でも大曲ばかりのすごいプログラム ! 最後のソナタを初め、こんな大曲ばかりのショパンの演奏会は、日本ではちょっとお目にかかれないかも。ショパンと言えば耳慣れたサロン的な小品が多いと感じる日本の演奏会。ちょっと老域に入りかけている無難嗜好の今の日本とは違う、さすが躍進中の韓国の方の発想、違います。

Cafe' SlowBeat  TEL0974-65-2307(大分県竹田市戸上)
↑詳細はHPにアップしていますのでご覧下さい。

20100718

2010年6月25日 (金)

エコん虫:カブトムシ見参!

Img_0007_1
セルアロイ21という新素材を使用したカブトムシ型のプラモデル。

一見普通のプラスチック製のようですが…なんとΣ(◎д◎;)!!

竹田市で「かんばつ材」として刈り取られた

【竹】が原料なんです!

最新技術の導入により、竹の配合はなんと80%以上とか。
カブトムシをよ~く見てみると、確かに繊維状のものが…

そして、現在主流となっている石油系プラスチックの
製造過程と比べると、排出されるCO2は大幅にカット

されているとのこと。
廃材の再利用だけでなく、作る過程までエコだなんて!

気になるお値段もエコです。一匹150円!

組み立ても簡単でした。
竹田温泉 花水月の売店で購入することができます。

お小遣い握ってGO~♪ですねε=(ノ^▽^)ノ

『カブトムシはちょっと…』という方には、
花水月の足湯の前に、同素材を使ったベンチがございます。
Img_2915_1
ほのかに竹の香りがするような…?

是非、体感してみてくださいね!

【お問い合わせ先】
竹田温泉・花水月
[住所]大分県竹田市大字会々2250
[電話] 0974-64-1126
[駐車場] 97台
[営業時間] 11:00~22:00(入館は21:30まで)
[定休日] 木曜

2010年6月24日 (木)

日々の喧騒を忘れ、芸術に触れる…

竹田市立歴史資料館にて~7/4(日)まで開催中の
【田能村竹田と近代の南画家たち】にお邪魔してきました。
こういった展示を見に行くのは、何度行っても緊張いたします!
…例をあげると博物館・美術館の類、ですね。

まずはじめに、南画(なんが)とは?
中国の南宗画に由来する 日本独特の用語です。
文人画とも呼ばれます。
南宗画は17世紀に明末の理論家によって、禅の流派名から作られた概念で、地理的な南北とは関係がないそうです。

南画は南宗画の略称ですが、日本では中国での概念と異なり、長崎を経て輸入された17~19世紀の中国の絵画、絵画教科書、絵画理論書、版画などをもとにして発生した絵画の流派をさします。

※今回のみ、特別に許可をいただいて撮影しております。
通常は館内の撮影はできませんので、ご注意ください。

いざ!2階の第2展示室へ…
作品を保護するため、室内の明かりは暗めに保たれており
一歩、足を踏み入れると錚々たる雰囲気。緊張が増します。

資料をいただいて、しばし鑑賞。
水墨画の源となる南画なので、失敗は許されないなと想像。
柔らかく、けれど重厚な線。墨のごく小さな点などの
タッチで自然景を作り上げる。
1枚の作品が出来上がるまでに、先哲たちは
どれだけ墨と紙で勝負を重ねたんでしょうか。
うまく言葉にならず…ただただ、ため息ばかりでした。
Imgp1448_2

5/14(金)~7/4(日)竹田市立歴史資料館にて

開館時間 9~17時(16:30最終入場)
入場料 おとな200円・小中学生100円
   (団体20名以上 150円)

~お問い合わせ~
竹田市立歴史資料館
大分県竹田市大字竹田2083
TEL 0974-63-1923・FAX 0974-63-2200

歴史資料館では、常設展示といたしまして
1階に岡城址模型、石器、土器、竹田に関する資料がたくさんございます。
2階、奥の展示室では広瀬武夫、佐藤義美、渡辺長男(朝倉文夫の兄)など竹田市先哲に関する資料や、岡藩中川家の鎧など…展示されております。
Imgp1452_2

7/9(金)からは、2階の全展示室にて『嚶鳴フォーラムin竹田・先哲展』が開催とのこと。こちらも見逃せませんね!

2010年6月17日 (木)

2010 ミヤマキリシマ開花情報

環境省自然環境局 くじゅう自然保護官事務所 アクティブレンジャーの種村さんからミヤマキリシマの開花情報をいただきました!種村さん、いつもありがとうございます♪

●6/17 扇ヶ鼻山頂周辺: 7~8分咲き
●6/17 天狗ヶ城山頂: 3~4分咲き
※開花状況は、その時期・場所で必ずしも見えることを保証するものではありません。気象条件・株の位置する方角によっても異なりますので、あらかじめご了承ください。
※環境省くじゅう自然保護官事務所への問い合わせはご遠慮ください。

写真はすべて、環境省くじゅう自然保護官事務所提供

【その他の自然情報】
●現在、九重連山一帯で、ドウダンツツジが見頃となっています。

↓2010.6.17 扇ヶ鼻山頂周辺
100617_h300

↓2010.6.17 星生山への登路から扇ヶ鼻方面
100617_h300_2

↓2010.6.17 ツクシドウダン
100617_h300_3

●6/10 黒岩山・泉水山: 7~8分咲き
●6/11 三俣山山頂付近: 2~3分咲き
全体的に例年よりも1週間以上開花が遅れていますが、長者原から見える、星生山の北側斜面もだんだんとピンク色に染まり始めました。
【その他の自然情報】
●現在、標高1500~1600m付近で、ドウダンツツジの開花が始まっています。

↓2010.6.10 泉水山
100610_h300

↓2010.6.10 ツクシドウダン
100610_h300_2

●6/6 段原: 開花が始まったばかり
●6/6 大船山山頂: ほぼ未開花
↓2010.6.6 段原付近
100606
↓2010.6.6 段原周辺ミヤマキリシマ
100606_2
●6/3 平治岳(ひじだけ): 2~3分咲き
現在、標高1600m付近のミヤマキリシマの開花が始まっています。全体的に例年よりも1週間以上開花が遅れているようです。
↓2010.6.3 大戸越より平治岳
100603_400x300

●5/22 沓掛山: 開花が始まったばかり

現在、標高1300~1400m付近のミヤマキリシマの開花が進んでいます。
↓2010.5.22 沓掛山
100522_400x300
●5/20 長者原: 開花が始まっています
●5/20 牧ノ戸峠: 開花が始まったばかり
●5/18 坊ガツル: 開花が始まったばかり
●5/17 沓掛山: 未開花
●5/17 久住山: 未開花
現在、標高1200m付近のミヤマキリシマの開花が進んでいます。
標高1300m付近のミヤマキリシマは、蕾が色づき始めています。
【その他の自然情報】
●九州連山一帯で、イワカガミやマイヅルソウの開花が始まっています。

↓2010.5.20 牧ノ戸峠
100520_w500

↓2010.5.18 坊ガツル
100518_w500

↓2010.5.17 久住山
100517_w500

↓2010.5.17 イワカガミ
100517_w500_2

最近の写真

  • Img_9352
  • Img_9346
  • Img_8855
  • Img_8832
  • Img_8820
  • 70591117_2680595145293206_188172406
  • 69828101_2680595068626547_393097941
  • 69804247_2680595008626553_344709544
  • 69982068_2680595168626537_863709066
  • 69857657_2680595325293188_512475110
  • 2019090901
  • 2019090903