最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2011年12月 | メイン | 2012年2月 »

2012年1月21日 (土)

~2/19 若き日の田能村竹田展 By 大分市美術館

田能村竹田(1777-1835)は、文化・文政期から天保期に至る、わが国南画の隆盛期を支えた中心的画人です。豊後国岡藩(現竹田市)の侍医の家に生まれた竹田は、藩校由学館に儒者として仕えましたが、文化8(1811)年に起こった百姓一揆に際し、2度にわたって「建言書」を藩に提出して容れられず、これを契機に文化10(1813)年、37歳で隠居しました。
こうした一官僚としての現実と、脱俗への憧れとの狭間で葛藤を続けた前半生で、竹田は詩学の世界に向かい、一方で本格的な画を志して優れたれた花卉・花鳥画を描き、独自の山水画にも取り組みました。
本展では、文化年間を中心に、竹田の青年期に改めて焦点をあて、画風を整理し、その変遷をたどるとともに、同時代の竹田の著作物や書簡などの資料のほか、竹田の前半生を支えた地元の師友たちの作品も併せて展示します。

【会期】平成24年1月6日(金)~2月19日(日)
【開館時間】午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
【休館日】第1月曜日を除く月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日)
【観覧料】一般600円(500円)/高校生・大学生400円(300円)
中学生以下 市内・市外を問わず無料
・( )内は20名以上の団体料金
・身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料
    ・上記観覧料で、コレクション展(常設展)もご覧いただけます。
・本展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用いただけます。

【講演会】聴講無料
1月21日(土)午後2時~午後3時30分
講師 古賀道夫氏(大分県立芸術会館主幹学芸員)
場所 ハイビジョンホール
定員 80名(当日先着順)

【展示解説】観覧料が必要です
会期中毎週水曜日 午後2時~(30分程度)
解説 当館職員
場所 企画展示室

詳しくはこちら!

Chikuden01

Chikuden2 

   

2012年1月 4日 (水)

1/8 放送のサザエさんをお見逃しなく!

フジTVの看板番組「サザエさん」のオープニングに昨年10月から大分県の観光地が紹介されています。
その中で竹田市は、岡城阯と長湯温泉が登場してましたが、1月からの冬バージョンでは、くじゅう花公園が流れます。
さらに!1月8日(日)のお正月特番内では、竹田の姫だるまが磯野家の玄関に登場しますよ!ぜひご覧ください。
●放送局 フジTV系列(大分県はTOS)
●放送日 1月8日~3月末(毎週日曜18:30~19:00)
●お正月特番 1月8日(日)18:00~19:00 1時間拡大番組

 フジテレビのサザエさんのページ

Photo

最近の写真

  • 20190731_06
  • 20190731_05
  • 20190731_03
  • 20190731_02
  • 20190731_01
  • 20190716_04
  • 20190716_03
  • 20190716_02
  • 20190716_01